• トースターでサクサク!

    外はサクサク、中はしっとりとした、国産バター
    を100%使用したクロワッサン。芳醇なバターの
    香りをお愉しみください。

おいしい食べ方

  • Freezer

    冷凍庫から取り出して…

  • Toaster

    トースターで2〜3分!

  • Eating

    余熱6〜8分で食べごろ!

最新情報・お知らせ

Pan&(パンド)は
食べるその時が焼きたての
冷凍パンです。

たった今焼き上がった、窯から出てきたばかりのパンを食べたことがありますか?
ちぎるとふわりと湯気が立ち上がり、外はパリッと香ばしく、中はもっちり食感。
出来立てだから小麦本来の甘さもストレートで味わえる、パンの一番おいしい瞬間です。

冷凍パンはそんな出来立て直後のおいしさを閉じ込め、食べるその時が焼きたて!
という唯一のパンです。

いつでも焼きたてパンのある暮らし

パンと料理、
パンとオリーブオイル、
パンとワイン、
パンと会話、
パンと笑顔、
パンと音楽、
パンと○○…

冷凍庫から取り出してから10 分で、毎日の暮らしの中に焼き立てのパンがある。
週末のゆったりした朝に、ほっとしたいランチに、大切な人との会話が弾む
夕食に、友人との笑顔がとびかうホームパーティーに。
美味しいのはもちろん、日常の生活を、食生活を豊かにする。
それが、Pan&(パンド)です。

もっと詳しく

Pan&のおいしさの秘密

おいしい冷凍パンを作るために、冷凍パンに合ったこだわりの素材と独自の製法を選んでいます。

冷凍パンだから
おいしい!

冷凍パンは「美味しくない。」と思っていませんか?
パンは焼きたての瞬間から、時間とともに味が落ちる原因が大きく二つあります。

まず、中に含まれる水分がどんどん蒸発して乾燥します。
この「乾燥」がパンの硬さの原因です。
さらに、パンの美味しさの基となるデンプンも劣化します。
この「劣化」がボソボソとした食感の原因になります。

だけど、Pan&なら…?

冷凍しない場合

水分の蒸発=硬くなる
デンプンの劣化=ボソボソ食感

冷凍パンの場合

しっとり、もっちり!

冷凍パンが美味しい理由

パンは焼きたての瞬間から、中に含まれる⽔分がどんどん蒸発して乾燥していきます。
この乾燥がパンの硬さの原因です。

また、デンプンは温度低下とともに劣化していき、特有のボソボソとした⾷感の原因となります。
ただし、0℃以下の環境であればデンプンの劣化は⽌まります。

この乾燥とデンプンの劣化を防げれば、パンはいつまでも美味しく⾷べられます。
それを最も効果的に防ぐ⽅法が冷凍技術です。
実は、余ったパンを冷凍庫に保存するのは、とても理にかなった⽅法なのです。

しかし、買ってきたパンを冷凍するのは、その時点からの劣化を防ぐだけであって、パンを冷凍するのに⼀番良い⽅法は、焼きたて直後の最⾼に美味しい状態を⼀気に閉じ込めることです。

パンの保存⽅法で⼀番適さないのが冷蔵庫です。
冷蔵庫の温度帯ではデンプンの劣化が促進され、
⽔分も抜けて乾燥していきます。
お召し上がる際は、冷凍から取り出してそのままトースターで焼くか、
常温で解凍後に加熱しても美味しく焼きあがります。

もっと詳しく