News

Press

2019.06.20

「本当にパンが好き。」Pan&のパンを作るパン職人の想い #1はじまりは一本の電話

#1はじまりは一本の電話

パンへの想いを語ってください!と投げかけると、「改めて聞かれると…身体に染みついていて、もはや生活の一部。でも、本当にパンが好きだから。」

株式会社スタイルブレッドで15年パン職人として働く「小嶋秀一」は、Pan&商品の中で不動の人気を誇る「ハニーソイ/はちみつ豆乳パン」を開発した人。また、発売から3か月たった今でも「バラエティパン」のトップを独走中の人気商品「オーガニックチョコと完熟バナナのルパン」をつくった張本人でもあります。

今回は、そんな人気商品を生み出し続ける、パン職人「小嶋秀一」のお話を3部構成でお届けします!

パン職人 小嶋秀一

小嶋秀一/株式会社スタイルブレッド スタイルベーカリー製造部門の責任者

 

#1 はじまりは一本の電話

まずは、小嶋がパン職人になった経緯のお話。—

スタイルベーカリーに並ぶパン

高校を卒業し、大学に進学して、会社に就職する。なんとなく、周りと同じそんな人生を送るのだと、漠然と思っていた。そんな小嶋に、高校卒業後、転機が訪れる。
浪人生中の一年間、小嶋は飲食店でアルバイトを始めた。浪人生ということもあり、今後の人生について考えることも多かった。アルバイトをしながら沸々と「食」へ興味を持ちはじめ、幼いころから好きだったパンを作るパン職人になることを決める。
そうと決まれば、早かった。
パン職人になる人のほとんどが、製パンの専門学校などで基本的な技術を習得する。しかし、小嶋は専門学校などには行かず、地元のパン屋に「働かせてください」と一本の電話をし、パン職人の道を歩み始めた。
 

パンについて熱く語る小嶋

—パン職人になることが初めから決まっていたかのようなスピード感!小嶋からは「パンが好き」その芯の強さが伝わってきます。

 

◆パンに対する想いは強く、熱い

パン屋、ケーキ屋など数店舗で経験を積み、スタイルブレッドに入社。—

群馬県桐生市にあるスタイルベーカリー外観

株式会社スタイルブレッドは、4代続く群馬県桐生市にある街のパン屋であり、創業は1930年まで遡る。2006年に冷凍パンの製造販売に事業転換してからも、昔から続く「ベーカリー」は、「田中製パン所」「パナデリア」などと名前を変えながら、現在は「スタイルベーカリー」となり、昔も今も地元桐生を代表する街のパン屋だ。そんな地元の人気店に、冷凍パンへ事業転換する前(当社代表もパン職人として働いていた頃)からパン職人として入社する。
はじめはお店のパンづくりが仕事だった。しかし、会社が変わっていくのに合わせて、小嶋も、工場でのパンづくり、工場長、商品の研究開発、と、パンに纏わる重要なポジションを経験した。代表田中は、全社員が認める「熱い人」。そんな代表の一番近くでパンを作ってきた小嶋もまた、パンに対する想いは強く、熱い。「最終工程の焼成部分はやっていて楽しい工程。だれにも負けないくらい美味しく焼き上げるよう自信を持ってオーブンの前に立っている。」

オーブンの前に立つ小嶋

—現在は、「スタイルベーカリー」の製造責任者。90年続くベーカリーを任されています。

 

『#2 パン職人をまとめるキャプテン』 につづく)
 

【写真】小野奈那子

 


 

「スタイルベーカリー」のご紹介

スタイルベーカリー

 

STYLE BAKERY [スタイルベーカリー]

TEL:0277-44-5022
〒376-0007 群馬県桐生市浜松町1-2-16 
店舗営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜日

  


\ベーカリー直産!/Pan&バラエティはコチラ

Pan&バラエティ

 

オンラインストア

この記事を「いいね」と思った方は、シェアお願いします。

大橋

 

このNewsをシェアする

前へ
次へ

公式オンラインストアなら
5,400円(税込)以上で送料無料*!

Pan&(パンド)の商品はすべてオンラインストア
で販売しております。
冷凍便でお届けします。

*一部エリアを除く