STYLE BREAD

お知らせNews

2021.07.21STYLE BREAD保育園

STYLEBREAD 保育園向け会報誌「こどものパン通信」No.3発行しました

2021年7月20日、こどものパン通信No.3を発行しました。梅雨が明けて今年も暑い夏がやってきました。群馬県桐生市も気温が高くなる北関東エリアとなり朝からぐんぐん気温が上昇しています。今号では夏を乗り越え秋に向けて保育園のみなさまからいろいろなお声をお伺いできたらと「こんなサービスだったら使いたいですか?」といったアンケートを設置しました。ご回答くださった方には抽選で30園おやつパンプレゼントをご用意しております。ご意見お待ちしております!

no3表紙_200.jpg

こどものパン通信 2021年7月発行 NO.3「きらきら星のジャムサンド」


A_IMG_6759_600.jpg

夏といえば、子どもたちの待ちに待った「夏まつり」ですね!盛大にはできない状況でも、楽しいおやつで子どもたちに喜んでもらいたい!そんな願いを込めて、星型にくり抜いた食パンでジャムサンドを作ってみました。皆さまが健康で楽しく過ごせますように。

今回使用したのは、素材の色が特徴のベリーローフパンプキンローフです。前回「ほいくえんのバトン」で取材させていただいた畑中保育園の栗原さま献立にあった型抜きを参考にジャムのきらきらがかわいい夏のお星さまのジャムサンドです。

ベリーローフ_600.jpg

ベリーローフはフランボワーズとビーツの自然な色を活かしたミニ食パンです。

卵・乳不使用なのでたくさんの園で採用いただいています。カタログP20掲載

パンプキンローフ_600.jpg

パンプキンローフはかぼちゃペーストを練り込んだ優しい甘みのパンです。カタログP20掲載

抜いたお星さまは、チョコペンでにっこり顔に。顔が書き辛いときは、チョコペンをしっかり温めてゆるめにして使ってください。クッキー型で抜くだけなのでハートやくまさん等いくつか型を用意して、ジャムもキウイやみかんがあれば園児さんとのクッキング授業としてカラフルサンドイッチができますね。

ほいくえんのバトン


東京都 社会福祉法人けいわ会
杉並の家さくら保育園
栄養士 君島さま

給食写真2_600.jpg

Q. スタイルブレッドご利用のきっかけについて教えてください。

パンの供給に関して設備の老朽化や製造量等の課題があり何度かベーカリーを替える必要が生じていました。スタイルブレッドも丁度探しているタイミングで資料が届き、また外食での提供実績があるということで安心してサンプル試食から導入に至りました。保護者の試食でも好評ですし、ようやく安定してパンを発注できるようになりました。


Q. スタイルブレッドのパンの感想はいかがでしょうか。

本当は和食推奨なのでお米の献立を好きになって欲しいのですが、子供達はパンが大好きです。週に一度のパンの日はみんな良く食べてくれます。保育園でもフードロス問題があり、風邪で急に多くの子が休む等常温では数量管理が難しいところ、現在は朝出勤してから園児分を解凍し、ぎりぎりで職員分を解凍するという方法でロスゼロの状態です。また9園共通の献立で購入しているので、万一の場合にも安心という利点があります


Q. 子どもたちの食について大切にされていること、気を付けていることを教えてください。

従前は各施設で献立を作っていたのですが、今は統一のメニューで運用しています。毎年のように園が増えていく中で、どの園でも同じ味と品質を保持することが最も気を遣う点です。現在は3カ月毎を基本のクールを基準として、その中で毎月季節のお野菜を取り入れて変化を付けたバリエーションとするのが、力の入れどころです。

Q. 最後にお好きなパンを教えてください!

「チーズベーグル」が好きです。去年のクリスマスの特別な献立でみんなに喜ばれました。他の園のみなさんのアレンジも気になります。当園ではプティポワンの上にココア風味のクッキー生地をのせて焼くココアパンが定番です。

給食写真1_600.jpg

ベーグルチーズレギュラー」を使用された献立をご紹介いただきました。

他にも毎月「桐生酵母パン」や「グラハムファイン」など

たくさんの種類のパンを献立に取り入れていただいています。

インタビューを終えて


君島さまは9園の統括をされており、献立や調理、食材調達等々お話から管理の大変さが伝わって参りました。春の大変お忙しい時期に快くご対応いただき誠にありがとうございました!ココアプティポワンもとてもおいしそうです。( 取材・文 本間)

パンのはなし「タナカパンと保育園2」


20年前当時、群馬県桐生市内の保育園では、週に1回パン、月1回うどん、多くはご飯といった、現在と同じ米飯が主食の献立でした。ある園では、おやつ
にはゼラチンで固めたチョコレートプリン、ふかし芋、サツマイモとリンゴ煮、蒸しパン、フルーツ、みたらし団子を手作りで、毎月のお誕生日会はクレープが
定番だったということです。桐生市はもともと絹織物産業で栄えたことから食文化への関心が高く、それは保育園でも同様で、給食用パンではなく、ベーカリー品質のパンを保育園でも提供できると「タナカパン」に注文が入っていました。特に未来を担う子供たちのためにと、家庭と同じく良質な素材を取り入れる意識が高く、また園の横の繋がりで各食品メーカーの評価も共有されていたとのことです。

選定アイテムは給食では食パン、バターロール、バタースティック、土曜日の捕食としてクリームパン、デニッシュ、夕方の提供は菓子パンやマフィンが採用されていました。普段の家庭での日常のパンが、給食でも食べられる、と種類が豊富で店舗に入ったときのワクワク感が給食やおやつの場面にも繋がったようです。

スタイルベーカリー_600.jpg

代々続いたベーカリー店舗でしたが、最後2020年8月に閉店した

「スタイルベーカリー」です。タナカパンから続くリッチな風味としなやかな食感の

「ロイヤル食パン」が人気でした。

プルミエレーズン_600.jpg

こちらもタナカパンで人気だったぶどうパンがもとになっている、

スタイルベーカリーで製造されていた「プルミエレーズン」です。

食パンのしっとり感、練り込んだカスタードクリームの層、レーズンのあまみ、と

食感の楽しいリピーターさんの多いパンでした。


スタイルブレッド創業からのメンバー、品質管理担当 飯田瑞穂

保育園からベーカリーに転職した飯田です。元来のパン好きで保育園勤務の後、好きなパンを買って帰るのが楽しみでした。家では母がパン作りをしていた関係で、自分でも焼くようになって、とうとう「 タナカパン」で粉やイーストを分けてもらうようになりました。
私の人生は、小さい時からパンばかり。3食パンという日もある身近で大好きなものです。保育園はとても楽しい現場で、得たことは結果的に勉強になりました。保育園の仕事があったからこそ安心安全が重要と大好きなパンの仕事を続けています。

パン教室01_600.jpg

一時期はベーカリーの店長とパン教室の運営を同時に担当していました。

ベーカリーの製造ノウハウを教室向けにアレンジした、

地域のみなさんとの交流の場でもあり、毎回楽しいパンづくりでした。

Information「お客様アンケートご回答で30園のみなさまにおやつパンサンプルプレゼント!」


こどものパン通信発行と同じタイミングで、お客様からお声をいただくアンケートを設置させていただきました。これまでいろいろなご意見やご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます!
僅かながら感謝の気持ちとして、期間中ご回答いただいた30園のみなさまへ、おやつパンサンプルセットをお送りいたします。

アートボード 4-100_600.jpg

お客様アンケートはこちらからご回答いただけます。応募締切は2021年8月31日(火)です。

※セット内容は変更となる可能性がございます。

※ご送付は、一園あたり一セットとさせていただきます。※プレゼントは9月より順次配送いたします。

※当選発表・当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

STYLE BREAD MEMBERS #3 こんにちは!こみねゆうたです


保育園に向けてパンのご紹介や、お困りごとのご相談などを担当しております。
私の地元でもある群馬県桐生市にある会社で、たまたまスタイルブレッドを知る機会があり、そこでパンに対するこだわりや、全国のホテル・レストランなど、すでに多くのお客様に認められていた品質に魅力を感じ、この会社で働いてみたいと思いました。
スタイルブレッドを知らない方へ初めて冷凍パンをご紹介させていただくときに、うまく良さが伝わらないこともあります。ただ、しっかり話をさせていただき、冷凍だから良い、スタイルブレッドだからおいしいと共感いただき、ご採用いただいたときは、とても嬉しくやりがいを感じる瞬間です。

No.4は、2021年9月発行予定です。

スタイルブレッドの「高品質な冷凍パン」は、全国3000社以上のホテルやレストランで採用されています。自家製天然酵母を使用して伝統製法で丁寧に作るこだわりのパンは、プロも納得のクオリティ。料理に合わせるパンとしてシェフから高い支持を得ています。